一茶の徒然なる日々

書こうか、詩を

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一言 Vol.6

残すは、足跡

  残るは、軌跡

READ MORE»

スポンサーサイト

お題

 
自分で考えた、自分用のお題です。
 
出来次第、順次作品とリンクで繋ぎます。。。
 
ちなみに、持ち帰り自由です。
 

READ MORE»

青空文庫

知っている方もいるかもしれませんが
知らない人のために

READ MORE»

忙しい

忙しいを理由に更新していないことに気付く
忙しいを理由に書いていないことに気付く
忙しいを理由に放置していたことに気付く
忙しいを理由にどこかで諦めていた

コツコツと書いていこうか
ナニカを取り戻すために

リク用 Vol.1

詩&短編リクエスト用です。

READ MORE»

認識

 例えば、生まれてからずっと目の見えない人に『海』を教えるにはどうしたらいいだろうか。

その人に海水を手にすくって掛けてあげる?
その人は、これは水だと答えるだろう。

その人に海水を飲ませてあげる?
その人は、塩水だと答えるだろう。

その人を船に乗せてこれが海だよって言う?
その人は、ただ揺れを感じるだけだろう。

僕らはそんな『海』を知っているのだ。
そして、そんな「『海』を知っていること」を忘れているのだ。

進む者、消えるモノ

僕が参加している

MysteryCircle

に提出した、とある原稿の完成版(補完版)です。
長いですが、読んでいただければ光栄です。

READ MORE»

023.忘れモノ

何かが
ポタッと
落っこちた

何かを
ポタリと
落っことした

落としたことに
気がつかず
落としたものを
放置した

どれだけどれだけ
経っただろう?
どれだけどれだけ
忘れてた?

何かを何かを
忘れてた
確かに確かに
忘れてた

何を
忘れた
何を
落とした

いくつ
落とした
どれだけ
落とした?

落とした数は
いざ知らず
忘れた何かは
忘れ去られた

忘れたことさえ
忘れはて
忘却の沼の
深さ増す

READ MORE»

022.only one secret

指切り
契る
一つ
秘め事

たった一つ
ただ一つ
小指に誓う
秘した蜜

甘美な贅沢
胸に秘め
溢るる蜜に
胸焦がす

READ MORE»

021.○○とぼく

かあさん

ぼく

とうさん

ぼく

いぬ

ぼく

ねこ

ぼく

きみ

ぼく

ぼく
と?
ぼく

READ MORE»

020.わかれ道

幾度となく
この場所へ来た
何度となく
この場所へ出た

目指して来た訳でもなく
目指して出た訳でもなく
むしろ、避けようと
繰り返してきた

けど……
いくら避けようとも
いくら逃れようとも
いつかそこに迷い出る

二つに一つの選択肢
どちらを選ぶ?
どちらを捨てる?

何を選ぶかは
大事じゃない
何を捨てるかが
大切だ

READ MORE»

019.時の道

長い距離を
進んで来た
長い間
進んで来た
……つもりだった

前には
長い道
振り返れば
長い道

ずっと
前から
変わらない
景色

この道の上
今まで
僕の進んだ距離は
短いとでも言うのか?

READ MORE»

 | HOME |  »

プロフィール

一茶

  • Author:一茶
  • その日の気分でいろいろな方向に記事が発展します。
    現在、『線香花火』なる小説を製作中。
    徐々に上げていきますので楽しみに~。(^▽^)/~~
    その他、詩らしきもの、格言?、短歌、川柳・俳句も上げます。
    もし、よろしければコメントお願いします。
    コメントが明日の原動力になるので・・・。
    こんな、管理人ですがどうかよろしく。
    m(_ _)m

最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


リンク


カテゴリー


月別アーカイブ


ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。